写真作品

作品のほとんどが組写真です。

表示形式は様々。

ものによっては表示にとても時間がかかるものもございます。

最近の作品はなかなかアップできていませんが、

制作に対しての意気込みの根底は変わっていません。

なにかしら思ってもらえたらとても嬉しいです。

 

写真持論

 

人間には欠点が沢山ある。写真にはそれを補う力が少しだけある。

写真は忘れない。写真は真実をみる。

頑なに刻銘に捉えた記憶を他人に伝えることができる。

 

写真を撮って伝達する。情景を皆に伝えることができる。

でも最も伝わるのは、撮り手の、私の意図だ、と思う。

 

ファインダーを覗く。

さまざまなものをカメラに収める。

その行為によっていつも写り込むのは

私の撮りたかったもの。

 

そう、写真はいつも「私」を写す。

すべては私次第なのだ。

 

「私」が何に惹かれ、何を想ったのかが一枚の写真に凝縮されている。

 

だから、写真を撮るという行為は、自分の心の内をさらけ出す行為だと私は思うのです。

 

わかめ